右代啓祐の経歴や性格は?成績や武井壮との関係は?

こんにちは。千です。

皆さんは右代啓祐さんという方を知っていますか?

今回1月1日の「ウルトラマンDASH」に出演されるということで、

右代啓祐さんとはいったいどんな方なのかについて気になり

調べてみました。

皆さんも気になった方は是非一緒に見ていきましょう。

右代啓祐さんのプロフィール

出典:https://matome.naver.jp/

名前:右代啓祐(うしろ けいすけ)

生年月日:1986年7月24日

出身:北海道江別市

身長:196㎝

職業:十種競技選手

所属:スズキ浜松アスリートクラブ

右代啓祐さんは、

十種競技という陸上系の競技を2日間で行い、その記録を点数に換算して競う種目の選手として活動されている方なんですね。

経歴や成績は?

右代啓祐さんはどのような経歴をお持ちの方なのでしょう。

右代啓祐さんが陸上競技を始めたのは、中学校で陸上部に入ってからでした。

小学生の頃はドッジボールをしていたそうです。

中学1年生でハードル走、2年生で100m、砲丸投げ、走り高跳びの三種目競技Aに取り組みます。

しかし、身長が中学1年で168㎝だったのが、3年時には188㎝と急激に伸び、ひざの痛みなどを発症してしまい、満足に練習はできなかったそうです。

高校は、札幌第一高等学校に推薦入学されます。

しかし1年の頃はケガもありあまり練習はできず、ウエイトに専念したそうです。

そして2年時にはケガも完治し、走り高跳びとやり投げでインターハイに出場されます。

高校2年の冬には八種競技へ転向し、北海道新記録をマークする活躍を見せています。

大学は高校の監督の母校国士舘大学へ進学されます。

1年で日本ジュニア選手権優勝4年の時には全日本インカレと日本選抜和歌山で優勝されています。

右代啓祐さんの十種競技の成績としては、

2011年6月に日本選手権混成競技で日本人初となる8000点超えの8073点をマークし、日本記録を塗り替えています。

また、2015年までの間、日本選手権大会で6連覇を果たし、

2012年には日本選手では48年ぶりとなるオリンピック出場を果たし、

ロンドンオリンピックでは7842点で20位となっています。

自己ベストは2014年の8308点となっています。

十種競技で目覚ましい活躍をされているすごい選手なんですね!

武井壮との関係は?

右代啓祐さんについて調べてみると、予測キーワードに「武井壮」さんの名前がありました。

そこで武井壮さんとの関係を調べてみました。

右代啓祐さんと武井壮さんは、混成競技合宿の臨時コーチを武井壮さんが務めたことで、

右代啓祐さんと出会ったそうです。

その当時走る種目が苦手で悩んでいた右代啓祐さんに「競技だけやっても強くならないぞ」と声をかけたことで、

右代啓祐さんは苦手を克服されたそうです。

武井壮さんは十種競技の元チャンピオンなのだそうです。

だから右代啓祐さんにとっては大先輩ということなんですね。

とても仲もよさそうですね!(笑)

性格はどんな人?

https://twitter.com/oooooekaki_m/status/940876000317059073

右代啓祐さんはどんな性格の方なのでしょう。

スポーツ選手でさらにここまでの成績を出している選手は、とても強いメンタルを持ち合わせているのは間違いないと思います。

右代啓祐さんのツイッターを見てみると、

前向きな言葉をよくリツイートされていました。

とてもポジティブな言葉ですね。。

限界を超える強い気持ちが大事なんですね。

右代啓祐さんも自分の力を信じて努力し続けることができる方なんですね!

まとめ

いかがでしたか?

右代啓祐さんはとてもすごい選手だったのですね!

ウルトラマンDASHではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか。。!

今後の更なる活躍に期待したいですね!