田中彩子の経歴や性格は?実力や自宅も気になる?

こんにちは。千です。

皆さんは田中彩子さんという方を知っていますか?

今回12月2日の「嵐にしやがれ」に出演されるということで

田中彩子さんとはいったいどんな方なのかについて気になり

調べてみました。

皆さんも気になった方は是非一緒に見ていきましょう。

田中彩子さんのプロフィール

出典:http://t.pia.jp/

名前:田中彩子(たなか あやこ)

生年月日:1984年2月23日

出身:京都府

職業:ソプラノ歌手、オペラ歌手

田中彩子さんは、ソプラノ歌手、オペラ歌手として活動されている方なんですね。

経歴は?

出典:https://www.goo.ne.jp/

田中彩子さんは、10代の頃から単身でウィーンに渡り、声楽を学びます。

22歳の時に日本市場最年少でスイスの首都ベルン市立劇場で、ソリストデビューされます。

ソリストとしては日本人初、かつ同劇場史上最年少での歌劇場デビューとなったそうです。

とてもすごい人なんですね。

また、国際ベルベデーレオペラ・オペレッタコンクールにオーストリア代表として本選出場を果たし、ウィーン・フォルクスオーパーとオペラ「ホフマン物語」のオランピア役で契約されます。

その後はコンサート・ソリストとしてヨーロッパ、南米各地のオーケストラ定期公演に出演されています。

主な出演は以下の通りです。

2011年 マーラー没後100周年、ドイツ・ルーマニア合同音楽フェスティバル

「Musica Coronensis」にてマーラーの交響曲第4番第4楽章「天井の生活」のソプラノ・ソリストとして出演。

2012年~2014年 オーストリア政府公認スポンサーの下行われたオペラ「魔笛」のオーストリアツアーで、同オペラの夜の女王役で全公演出演

2013年 ロンドンカドガンホールにてロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の定期公演でロンドンデビュー

2014年 オルフの世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」のソプラノソリストで、ウィーン・コンツェルトハウス大ホールデビュー

2017年 ブエノスアイレスで「コロラトゥ―ラ・ソプラノとオーケストラのための5曲」をアルゼンチン・ナショナルシンフォニー交響楽団とのシーズン開幕コンサートにて世界初公演を行う

実力は?

田中彩子さんはソプラノ歌手、オペラ歌手としての実力はどのようなものなのでしょうか。

田中彩子さんはソプラノ歌手の中でも超高音域を歌う「ハイコロラトゥーラ」という歌手で、

ソプラノ歌手の中でもとても難しいパートなのです。

このパートを歌える歌手はオペラ歌手の中にも数十人しかいないといわれているそうです。

さらに田中彩子さんは「人生のなかでもなかなか聞くことのできない素晴らしい歌声」と高く評価されており、オペラの本場ヨーロッパでも100人年に1人の逸材と評価されているのだそうです。

かなりの高い評価をされているみたいですね。

実際に田中彩子さんの歌声を聞いたほうが早いですね(笑)

途中の超高音のところなんかは人間の声とは思えない高さですね。

ここまでの声が出せるのは素人ながらにすごいと感じますね。

自宅は?

田中彩子さんは

ヨーロッパで活動されているということですが、

自宅はどこにあるのでしょうか。

調べたところ日本ではなく、オーストリアの首都ウィーンに住んでいるみたいです。

出典:https://stworld.jp/

自宅の画像は見つかりませんでしたが、大きなお家に住んでいそうですね。

性格はどんな人?

田中彩子さんはどんな性格の方なのでしょうか。

田中彩子さんはとても美しい方ですが、

とても可愛らしい一面もあるようです。

海外での生活が長すぎた結果、日本語がちょっとかたことっぽくなってしまう可愛らしい一面も。

田中彩子さんの友人の話ではおっちょこちょいというかおちゃめな一面もあるみたいで、

愛嬌のあるタイプなんですね。

まとめ

いかがでしたか?

田中彩子さんはソプラノ歌手としてとても実力のある方なんですね。

性格も意外にも可愛らしいところがあっていいですね。

今後の更なる活躍に期待したいですね!