杉山兄弟の経歴や職業は?シャボン玉がすごい!【マツコの知らない世界】

こんにちは。千です。

皆さんは杉山兄弟というお2人を知っていますか?

今回11月7日の「マツコの知らない世界」に出演されるということで

杉山兄弟とはいったいどんな方なのかについて気になり

調べてみました。

皆さんも気になった方は是非一緒に見ていきましょう。

杉山兄弟のプロフィール

出典:http://hamarepo.com/

名前:杉山弘之(すぎやま ひろゆき)

年齢:69歳(2017年時点)

出典:http://hamarepo.com/

名前:杉山輝行(すぎやま てるゆき)

年齢:67歳(2017年時点)

杉山兄弟のお2人は、神奈川県横浜市出身の方で、

シャボン玉の研究に生涯を捧げてきたそうなのです。

事務所は杉山プロモーションリミテッドカンパニーという

お2人の事務所があるみたいですね。

 

経歴や職業は?

出典:http://wiki.seesaa.jp/

杉山兄弟はどんな経歴をお持ちなのでしょうか。

杉山兄弟のお2人は、幼い頃におじいさんがシャボン玉を吹いているのを見て、感動し

シャボン玉の魅力に取り付かれてしまったそうです。

そして、現在までシャボン玉の研究を生涯にわたって続けているそうです。

シャボン玉の研究を最初に本格的に始めようと考えたのは、

弟の輝行さんだったそうです。

元々工作が得意だったという輝行さんは、シャボン玉の機械を作って

大学の文化祭でシャボン玉を披露したそうです。

このときのみんなが笑顔になるのを見て、生涯をシャボン玉でと決めたのだとか。

大学卒業後もアルバイトをしながらシャボン玉を作っていたようです。

そして、兄の弘之さんも大学を卒業した後は普通に就職していたそうですが、

会社を辞めて、輝行さんとともに独立されたそうです。

会社を辞めてまでシャボン玉を選んだ弘之さんの決意もとてもすごいですね。

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/

お2人のシャボン玉研究とはどのようなものだったのでしょうか。

研究の内容としては、

シャボン玉のもつ演出効果

社会生活へ役立たせる研究

シャボン玉を使ったショー

などが挙げられます。

研究に関しては、

シャボン玉について科学的に研究している大学などと協力しての活動も

なんと38年間も行っていたそうです。

国内だけでなく、海外でも広く活動され、世界各国のメディアにも取り上げられています。

昭和40年にはTV番組「アイデア買います」で初めてシャボン玉のショーを発表され、

当時審査員だったサトーハチローさん、柳谷金語楼さんにもその発表は高く評価され、

これまでに日本武道館、東京ドーム、大阪城ホールなど様々な会場で

シャボン玉を使ったショーを公演されています。

まさに一流シャボン玉アーティストですね!

シャボン玉芸がすごい!

では実際のお2人のショーの映像を見てみましょう。

スゴイですね!

シャボン玉をまさに自在に扱っているといった感じです。

後半の方で紹介もありましたが、

杉山兄弟のお2人は「世界最長のシャボン玉記録」も持っています。

なんとその長さは20メートルだそうです!

その他にも

世界で初めてシャボン玉ショーを開催

直径4.2mのシャボン玉

ポピュラーサイエンス(科学を面白くする)100人に選ばれる

毎分100万発のシャボン玉記録

などたくさんの記録や名誉のあるお2人なんですね。

そんなお2人が一番うれしいのは、ショーを見た方たちが笑顔になる瞬間だそうです。

ある障がい者施設でショーを見せたときに、

障がいをもつ子供たちが普段動かない手が動いたり、

見たこともないような楽しそうな表情をする子どもを見て、

親御さんが泣いて喜んでくれたのだそうです。

ぐっとくる話ですね。

そんな時に「この仕事をやっていて本当によかった」と思うのだそうです。

とても素敵ですね。

まとめ

いかがでしたか?

杉山兄弟のお2人は、シャボン玉の研究で数々の記録や成果を挙げた方々なんですね。

ショーで観客の笑顔を生み出すお2人はとても素敵です。

そしてまたその笑顔がお2人の力になっているんですね。