村上ショージの経歴や性格は?家族や嫁はどんな人?

こんにちは。千です。

皆さんは村上ショージさんという方を知っていますか?

今回11月17日の「A-Studio」に出演されるということで、

村上ショージさんとはいったいどんな方なのかについて気になり

調べてみました。

皆さんも気になった方は是非一緒に見ていきましょう。

村上ショージさんのプロフィール

出典:https://www.oricon.co.jp/

名前:村上ショージ(むらかみ しょうじ)

本名:村上昭二(むらかみ しょうじ)

生年月日:1955年5月28日

出身:愛媛県今治市

血液型:B型

身長:164㎝

職業:お笑い芸人

所属事務所:よしもとクリエイティブエージェンシー

村上ショージさんはよしもとクリエイティブエージェンシー所属のお笑い芸人の方なのですね。

経歴は?

村上ショージさんの経歴はどのようなものなのでしょうか。

愛媛県出身ということですが、中学校を卒業後、村上ショージさんは

広島県因島(現:尾道)市に転居し、因島高校の定時制に通いながら、

日立造船因島工場で溶接工として働いていたそうです。

最初は普通に働いていたのですね。

しかし、1976年に、明石家さんまさんを見て「この人になりたい!」と決意され、よしもと入りを決意されます。

そして、1977年に大阪に向かい、よしもとに入ります。

当時面接の時に面接官の方から「何ができる?」と聞かれ、

「溶接です。」と答えたのだそうです。

普通の面接ならこれではだめかもしれませんが、

お笑いの面接でとなるとちょっと面白いですね(笑)

そんなこともあって、最初の仕事は本当に溶接の仕事だったのだそうです。

その後、よしもと所属の漫談家だった滝あきらさんの元に弟子入りされます。

これも滝さんが「優しそうだから」という何とも単純な理由でだったそうです。

テレビ出演も増えていき、「さんまのサタデーナイトショー」で東京進出を果たします。

1980年代の後半には、

人気バラエティ番組「オレたちひょうきん族」で何人トリオの一員としてレギュラー出演されると、ギャグ芸人の代表格として

「ドゥーン」、「何を言う・早見優」

などのギャグで有名になります。

村上ショージさんは、「スベる」ということ自体を笑いにしてしまう

「スベり芸」の先駆者なのだそうです。

この誰でも言えるようなベタなギャグを平然と言えるところが、

村上ショージさんのすごさなんだそうです。

また、

村上ショージさんはお笑い芸人でありながら

ドラマ、映画などにも出演されています。

CMにも出演されているようですね。

家族は?嫁は?どんな人?

村上ショージさんの家族はどんな人達なのでしょうか。

実は村上ショージさんの家庭はかなり貧しく、幼い頃は大変な生活だったのだそうです。

母を早くに亡くし、父も体が悪く、生活保護を受けていたのだそうです。

当時働いていたのも、本当は芸人には興味があったようですが、家庭の事情でそうはいかなかったということだそうです。

村上ショージさんには2人のお兄さんもいらっしゃいます。

ですので5人家族だったのですね。

村上ショージさんのお父さんが亡くなってしまった後、芸人になるときに背中を押してくれたのは、お兄さんだったそうです。

また、1989年にはモデルの方と結婚されています。

娘さんもいて当時は円満な家庭を築いていたそうですが、

1999年に離婚されてしまいます。

ですので現在は独身なのだそうです。

ちなみにこの娘さんというのが芸人のバターぬりえさんです。

性格はどんな人?

https://twitter.com/murakami_0528/status/904628373900615680

村上ショージさんはどんな性格の方なのでしょうか。

村上ショージさんは、明石家さんまさんにも「一番面白い芸人」として名前を挙げられていあます。

2005年にはドラえもんの新声優オーディションを受けたそうで、

「ぼくドラえもんでっせ!」

という斬新な関西弁ドラえもんで爆笑させ、落選されたそうです。(笑)

よしもとの面接でもそうですが、

何というか素で面白い人なのかもしれませんね(笑)

また、

誰でもいえるギャグで笑いをとったり、一般人みたいな人当たりの良さも

村上ショージさんのすごいところなのですね。

まとめ

いかがでしたか?

村上ショージさんはとても面白いエピソードがたくさんある方ですね。

「A-Studio」ではどんなトークが聞けるのかも楽しみです。