宮沢りえの経歴や性格は?家族や生い立ちは?

こんにちは。千です。

皆さんは宮沢りえさんという方を知っていますか?

今回12月1日の「ぴったんこカン・カン」に出演されるということで

宮沢りえさんとはいったいどんな方なのかについて気になり

調べてみました。

皆さんも気になった方は是非一緒に見ていきましょう。

宮沢りえさんのプロフィール

出典:http://netatune.net/

名前:宮沢りえ(みやざわ りえ)

生年月日:1973年4月6日

出身:東京都練馬区

血液型:B型

身長:167㎝

職業:女優、ファッションモデル

所属事務所:エムツー企画

宮沢りえさんは女優、ファッションモデルとして活動されている方なんですね。

経歴は?

出典:http://www.asagei.com/

宮沢りえさんは11歳の頃にモデルとしてデビューされます。

まだ小学生の時ですね。

1987年にはCM「三井のリハウス」の初代リハウスガール白鳥麗子約を務めて注目され、トップアイドルの1人となったようです。

17歳の時に「ふんどしカレンダー」、18歳の時にヘアヌード写真集「Santa Fe」など奇抜な作品にも挑戦しています。

1988年には映画「ぼくらの七日間戦争」の主演で女優デビューを果たし、日本アカデミー賞新人賞を受賞されます。

1989年4月にはフジテレビ系「青春オーロラ・スピン スワンの涙」で連続ドラマの初主演も果たします。

しかし、男性との交際や拒食症の噂など、一時期マスコミからのバッシング報道が相次ぎ、

アメリカのサンディエゴへ移住するなど、芸能活動を休止することもあったようです。

それでも徐々に芸能活動を開始し、

2001年、香港映画「華の愛~遊園驚夢」で第23回モスクワ国際映画祭・主演女優賞を受賞

2003年、「たそがれ清兵衛」で日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞

2005年、「父と暮らせば」で第47回ブルーリボン賞・主演女優賞を受賞

など数々の賞も受賞し、本格派女優として高く評価されるようになります。

このほかにも、優しい声も特徴的で、ナレーション業も多く務めています。

家族や生い立ちは?

宮沢りえさんは、日本人の母親と、オランダ人の父親を持つハーフなのだそうです。

意外にもハーフの方だったんですね。

幼少期は伯母の元で従兄弟たちとともに育てられたそうです。

母は父がオランダ人だったこともあり、オランダに行ってしまったため、

幼い頃は母と過ごすことができず、なかなか寂しい思いもされていたみたいです。

オランダ人の父親とは両親が離婚されたこともあり全く交流はなかったそうです。

両親が離婚したことで、母は日本に戻ってきて、宮沢りえさんを引き取ったそうです。

そしてモデルをさせたようです。実際、宮沢りえさんのマネージャーは母が務め、

通称りえママと呼ばれ注目されていました。

性格はどんな人?

出典:https://4meee.com/

宮沢りえさんはどんな性格の方なのでしょうか。

宮沢りえさん自身は自分のことを「取り繕えない性格」と表現されています。

思ったことははっきり言いたい性格なのかもしれませんね。

とても正直な人なのでしょう。

結構気が強いタイプなのかもしれないですね。

まとめ

いかがでしたか?

宮沢りえさんは意外にもハーフの女優さんなんですね。

幼い頃の生い立ちはなかなか複雑だったみたいですが、

現在はとても活躍される女優さんになったんですね。