菊池桃子の経歴や性格は?シェーグレン症候群という病気だった?

こんにちは。千です。

皆さんは菊池桃子さんという方を知っていますか?

今回12月6日の「ソレダメ!~あなたの常識は非常識!?~」に出演されるということで、

菊池桃子さんとはいったいどんな方なのかについて気になり

調べてみました。

皆さんも気になった方は是非一緒に見ていきましょう。

菊池桃子さんのプロフィール

出典:http://www.parfit.co.jp/index.html

名前:菊池桃子(きくち ももこ)

生年月日:1968年5月4日

出身:東京都品川区

職業:女優、歌手

所属事務所:パーフィットプロダクション

菊池桃子さんは女優、歌手として活動されている方なんですね。

経歴は?

出典:http://anincline.com/

菊池桃子さんはどのような経歴をお持ちの方なのでしょう。

学歴は

日出女子学園高等学校戸板女子短期大学被服科美術コース法政大学大学院政策創造研究家製作創造専攻修士課程修了、修士(政策学)

となっています。

芸能界に入るきっかけになったのは、菊池桃子さんの叔母が経営している飲食店にたまたま音楽関係者の方が訪れ、レジ横に飾ってあった菊池桃子さんの写真を見つけ、その場で菊池桃子さんについて年齢や事務所に所属していないかなど聞き、後日スカウトされたことがきっかけだったそうです。

相当写真が可愛かったのでしょうね。

菊池桃子さんはスカウトに興味をもって芸能界入りを決めたようですが、その時点では軽い好奇心で入ったという感じで、特別芸能界に強い思い入れがあったわけではなかったようです。

デビュー後は度重なるオーディションに「自分はむいていない、やめたい」と思っていたそうです。

なかなか覚悟を持って臨まないと厳しいということなんですね。

主な経歴としては

1983年10月~1984年3月の「学園バラエティ パンツの穴」生徒役で出演し活動をスタートされます。

1984年には映画「パンツの穴」でヒロインを演じ映画初出演されます。

同年4月には「青春のいじわる」でアイドル歌手としてもデビューされています。

その後も様々な分野で活躍されています。

ちなみにこちらはアイドル時代の菊池桃子さんです。

とても可愛いですね!スカウトされるのも納得です。

出典:https://www.sponichi.co.jp/

菊池桃子さんは大学院課程も修了されていますが、

大学院には大人になってから通っていたみたいで、

2012年3月に課程を修了され、8月からは戸板女子短期大学で客員教授にも就任されています。

シェーグレン症候群だった?

出典:https://www.sponichi.co.jp/

菊池桃子さんは2012年にシェーグレン症候群という病だと診断されています。

シェーグレン症候群とは、涙腺の涙分泌や唾液腺の唾液分泌などが障害される自己免疫疾患の一種です。

いまだに発症の原因が解明されていない難病なのだそうです。

ただ、発症者は40代~60代の中年女性が多いのだそうです。

主な症状としては、ドライマウス(口の渇き)、ドライアイ(目の渇き)、関節の痛み、倦怠感などがあるとされています。

特に目の渇きの症状がかなり多いそうで、私生活にかなり支障をきたす病のようです。

完治させる方法も見つかっていないようで、今後も付き合っていかなければならない持病のようなものなんですね。

大変ですね。。

性格はどんな人?

出典:https://www.oricon.co.jp/

菊池桃子さんはどんな性格の方なのでしょうか。

元々小さい頃はおとなしい性格だったそうです。

今は愛犬家で動物、読書、料理などが好きなのだそうです。

料理は懐石料理やシチューを数日間煮込んで作ったりするほど熱中していたそうです。

また、菊池桃子さんは娘さんもいらっしゃるようですが、

まだ乳児期だったころに脳梗塞を発症してしまい、現在も手足にしびれが残ってしまっているそうです。

菊池桃子さんはそのことを以前は隠していたそうですが、娘さんが一生けんめい生きている姿を見て「隠していることが娘に失礼だ」と思いなおして今は公表されているんだそうです。

菊池桃子さんは離婚されてしまっているため、現在はシングルマザーです。

ご自身の病気のこともありますし、大変なことも多いかと思われますが、

考え方も含めとても立派な方ですね。

まとめ

いかがでしたか?

菊池桃子さんは女優、歌手として活動されている方なんですね。

また、私生活では病気のこともあり大変そうですが、体を大事に頑張ってほしいですね。