畠山愛理の経歴や現在の事務所は?性格はどんな人?

こんにちは。千です。

皆さんは畠山愛理さんという方を知っていますか?

今回9月28日の「アメトーーク!」に審査員役として出演されるということで、

畠山愛理さんとはどんな人なのか気になったので調べてみました。

皆さんも気になった方は是非一緒に見ていきましょう。

畠山愛理さんのプロフィール

出典:https://twitter.com/

名前:畠山愛理(はたけやま あいり)

生年月日:1994年8月16日

出身地:東京都

職業:元新体操選手、スポーツコメンテーター、モデル

所属:東京ジュニア新体操クラブ

引退:2016年

身長:170㎝

体重:47kg

畠山愛理さんは元新体操選手で、現在はスポーツコメンテータ―、モデルなどとして活躍されている方なんですね。

笑顔がとてもかわいい方ですね。

身長は170㎝で体重は47㎝ということで、とてもスタイルもいいですね!

事務所は?

2016年に引退をされてからはモデル、スポーツコメンテーターなどとしても活動されているようですが、事務所はどこに所属しているのでしょう。

調べたところスポーツ選手の芸能活動のマネジメント事務所である株式会社スポーツバックスに所属しているそうです。

ちなみにプロ野球選手の上原浩治さんなどもこの事務所に所属しているみたいです。

経歴は?

続いて畠山愛理さんの経歴を紹介します。

畠山愛理さんは2000年、6歳の時、手具のリボンの美しさに憧れ新体操を始めます。

始めは体が硬く、開脚は90度、前屈は手が足に届かないくらいだったそうなのですが、1年かけて180度まで開脚出来るようになったそうです。

出典:http://deai-wakare.tokyo/

2009年12月、中学3年生の時、フェアリージャパンオーディションに合格し、新体操日本ナショナル選抜団体チーム入りを果たします。

オーディション合格からわずか3日後にはロシア合宿に参加しています。

しかしロシアではアイフォンやパソコンがなく親との連絡が出来ないうえ、ロシア語がわからず号泣していたのだそうです。

更に2009年、全日本ジュニア新体操選手権の前日に「(試合に出るのが)怖くて仕方がない出られません」と欠場の電話をコーチにしたのだとか。

それに対しコーチは「ビリでも良いんだよ」と諭すと「本当にビリでも良いんですか?じゃあ出ます」と元気を取り戻して出場したそうです。

2012年、2016年には新体操団体のメンバーとしてオリンピックにも出場しています。

そして2016年のリオデジャネイロオリンピック終了後に現役引退を表明しました

選手時代の主な成績はこちらです。

2011年 モスクワグランプリ新体操国際 団体総合3位 種目別決勝ボール3位 リボンフープ2位

2011年 W杯ウズベキスタン国際 団体総合優勝 種目別決勝ボール優勝 リボンフープ優勝

2012年 ロンドンオリンピック 新体操団体決勝 7位

2016年 リオオリンピック新体操団体決勝8位

性格は?

出典:https://moneytalk.tokyo/

畠山愛理さんの性格はどんな人なのでしょうか。

選手時代の中学時代のロシア合宿のエピソードを聞くと、少し寂しがりやというか引っ込み思案な印象を受けますが、

ある意味それだけ正直というか、素直な性格なのでしょう。

普段は明るくて笑顔の多い方みたいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

畠山愛理さんは現在では引退されて新たな人生のスタートの時期みたいです。

性格はとても可愛らしくて、男性としては守ってあげたくなるようなところもありますね。

今後の活躍にも期待したいですね!