実際に大学を休学して分かったこと-手続きや復学について

こんにちは。千です。

今回は、僕が実際に休学してみて分かったことを書いていこうと思います。

大学生で、

「やりたいことがあって、今まさに休学を検討している」

という方にはとても参考になる話だと思います。

是非最後まで見ていって下さいね^^

初めて僕の記事を読むという方は、こちらで僕のことを少し紹介しています。

話がスッと入りやすいと思うので、見てみて下さい。

スポンサーリンク


休学する方法(具体的な流れ)

休学をしてみようかと思っている方も、

「そもそも休学ってどうやってするの?」

という疑問があると思いますので、具体的な流れを解説します。

といっても休学の申請自体はとっても簡単です。

ただ事務の先生に

「休学したいです」

って言うだけです。

正直これだけです。(笑)

ただ、僕の場合は、所属しているゼミの先生に相談することを勧められました。

ゼミの先生に相談しに行ったときは、

何を言われるのかと内心緊張していましたが、意外にもすんなり受け入れてくれました。

「困ったことがあればいつでも相談してください」

と応援までしてもらったくらいです(笑)

そして手続きとして、休学届を書くことになります。

書く内容は、

・名前

・住所

・学籍番号

・親のサイン(印)

・休学する期間

・休学する理由

僕の場合はこうでした。

これは学校によっても多少違うのかもしれませんが、大体どこも同じだと思います。

あとは、休学届を提出し、

教授会?だかなんだかの審査に通れば休学が認められます。

休学の手続きはこんな感じです。

結局、勇気を出して「休学したい」って言うのが一番大変でした(笑)

ところで、、

休学の理由は何を書けばいいの?

という疑問があると思いますね。

僕もそうでした。

ただこれは原則なんでもよいです

「一身上の都合」

でも

「起業したい」

でも

なんでもいいです。

自分でちゃんと理由を書きたければ書けばいいし、

書きたくなければ「一身上の都合」で大丈夫です!

理由によって休学が認められないということは、まずないと思います。

スポンサーリンク


休学は悪?

休学っていうと、要するに学校を休むわけです。

普通の学生は、ちゃんと毎日勉強したり、なんなりしている中、

自分だけ学校がないというのは、確かに少し申し訳ないような気もします。

世間一般的な、留学とか、病気でやむをえない場合とか、

理解されやすい休学理由だとよかったのですが、

僕の場合はちょっと違ったので、(別の記事で紹介しているので良ければみて下さい)

余計なんか罪悪感みたいなものがありました。

何が一番罪悪感かといえば、やはりお金の面です。

自分の力だけで生計をたてているわけではないので、

休学した分だけ長く両親に負担をかけてしまう

という点が、一番しんどかったです。

しかし・・・。

結論

休学は悪なんかじゃない

と僕は思います。

別に、真面目ないい子でいる必要なんてないです。

要するに開き直ってしまえばいいんです。

自分のたった1回の人生なんですから。

そして意地でも結果を出して、

「あの時の選択は間違っていなかった」

と後で言えるようになればいいんです。

結局のところ何が言いたいかというと、

僕のように、

大学に行く意味が分からなくなって、

人生に希望が持てなくなって、

何か自分を大きく変えたい

と思ったら、勇気をだして、我が道を選んでもいいと思います。

ただしあくまで失敗を受け入れる覚悟を決めてからです。

その後どんなに失敗しようが、開き直れる自信がないうちは、

やめた方がいいと思います。

失敗しても後悔しない覚悟だけは決めておいてください。

僕は、休学を決意した時はかなり自信満々に

「なんとかしてやる」

と思っていましたが、それでもいざ休んでみるとかなりキツかったです。

そのくらい結構な失敗しても後悔しない覚悟が必要です。

ですが、

「ちょっとやってみたいことがあるけど、うまくいくか分からないからやめとこう・・・。」

これってかなりもったいないと思いますよ。

最初からうまくいくと思って始められる人なんてそうそういませんし、

みんな多かれ少なかれ不安はあると思います。

1歩踏み出してみてから、次のことは考えるくらいの勢いでも良いと思います。

1歩踏み出してまだまだうまくいっていない僕でも、こんなことが言えるんです。

人生なんとかなるもんだと信じてみましょう。

復学のタイミングや復学後は?

復学のタイミングは自分で決められるので、そこは大丈夫かと思いますが、

休学後の大学生活はどうなるかは正直わかりませんね(笑)

なぜならまだ僕自身休学中だからです。

ただ、復学後は、確実に授業とかは大変だと思います。

今まで一緒に講義を受けてきた友達は先に進んでいるわけですから、

一人で講義を受けたり、下級生と混ざって何かグループワークみたいなものをしなくてはならない場面もあるかもしれないです。

ですので、復学後はかなり大変だろうなと思います。

そういう点でも、休学するとなったら後々の面倒なことも受け入れる覚悟が必要ですね。

まとめ

いかがでしたか?

実際に休学をしている身として、休学を考えている方の役に立てると嬉しいです。

自分でも勢いで書いているので内容がまとまっているか微妙ですが、

もし記事を読んで、

「もっとここ詳しく知りたい」

と疑問や聞きたいことがあれば、遠慮なくコメントして下さい。

答えられる範囲で解答するか、また別の記事として書きます。

このブログでは、僕が休学して、何をしているのかも色々書いています。

何か皆さんの参考になればと思っていますので、興味があれば是非別の記事も読んでみてほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!